冬の寒い時期に、浅草で着物レンタルする時の防寒対策はどうすればいいのか?

防寒対策, 着物レンタル

冬本番の寒さが続きますね。
でも年末年始はイベントが多く、オシャレに気合いが入る時期でもあります。
着物で浅草散策や初詣をしたい、という方も多いと思います。

着物でお出かけしたい有名スポットといえば、浅草ですね。現地で着物レンタルしたいけれど、「着物って寒いのかな?」と躊躇してしまうのはもったいないです。
着物での防寒方法を知って、しっかり対策すれば、冬でも着物を存分に楽しめますよ。

今回は、浅草で着物レンタルする際に、自分で簡単にできる防寒対策をご紹介します。
ぜひお役立ていただき、着物でお出かけを楽しんでください。

着物の防寒対策は、何度以下から必要なのか? 

着物は洋服に比べて寒いのか?

着物は、きものスリップなどの肌着を着て、その上に長襦袢(着物と同じ形をした下着)、そして一番上に着物を着ます。
つまり3枚重ね着なのです。
さらに帯をしめているので、お腹周りはわりと防寒は出来ています。

ですが、どうしても寒さを感じてしまう箇所もあります。

首元、手首、足の3か所です。

首元と手首は肌が露出しているため。
足は足袋を履いてはいますが、草履・下駄が足を覆ってくれないので、足先が冷えたりします。

これらの防寒対策が必要になってくるのは、目安として気温が15度以下の場合はしっかりと行った方が良いです。
さらに最高気温が10度を下回るようになったら、さらにしっかりと防寒対策をして、浅草観光を楽しんでください。

急な温度変化にも対応できる便利な防寒グッズ

急に雨、雪が降ったり、朝晩に冷え込んだり、屋内に入れば暑くなったり、と温度調節も必要ですよね?

着物の上に身につけられて、着脱可能で便利な防寒グッズもいろいろあります。洋服でいえばカーディガンのような羽織や、小物ではショールやファーマフラー、手袋などは、洋服コーデと同じものを使ってOKです。

着物の防寒対策!インナー編

しっかり防寒対策をするなら、インナーが重要です。
特に着物用を用意する必要はなく、洋服用のインナーを利用できます。

下半身の対策には、誰もがひとつは持っているアレが便利!

着物は3枚重ね着をしていますが、下半身は巻きスカートのようなものです。
風を通してしまうので意外に寒いところです。

そんなときは、過去に流行して誰もがひとつは持っているアイテム、レギンスやトレンカを履きましょう。

※タイツを履いてしまうと草履を履く時に見えてしまうのでNGのでご注意ください。

さらに足先の冷え防止には、スニーカー用の5本指ショートソックスを履いて、その上に足袋を重ね履きするのがオススメです。

上半身の対策は、ご存じヒートテックが便利ですが、注意点も!

ユニクロのあったかインナー「ヒートテック」は有名ですが、他メーカーからも、保温性のある肌着が多く出ていますね。それらを着物の防寒対策に着るときは、いくつか注意点があります。

まずは襟ぐりです。着物の襟元はV字にあいているので、そこから肌着がのぞかないように、VネックやUネックなど、襟が大きく開いているものを選びましょう。

着物の襟元はこのような形になりますので、襟元からインナーが見えないように以下のような襟元のインナーがおすすめです。

後ろ側の襟ぐりも重要です。
着物は「襟を抜く」といって、うなじがきれいに見えるように、首の後ろ側を開けます。そこからも肌着が見えないように注意しましょう。

着物の襟ぐりはこういった感じになります通常の服の襟では見えてしまいます。ですので、以下のような後ろ側も開いているものがおすすめです。

また、袖は長袖・七分袖よりも、半袖・五分丈のほうがベターです。
着物の袖は、通常手首が見える幅で、さらに腕をあげたりすると、肘ぐらいまで腕が見えてしまいます。

オシャレに防寒対策できる小物

外は寒いけど、屋内に入ると暖かい。
そんなときは温度調節できる着脱可能な防寒グッズが便利です。
しかも着物だからと言って、洋服と違うものを用意しなければいけない、ということはほとんどありません。
オシャレで兼用に使えるものをご紹介します。

首元を温める、ショールやマフラーは必須!

洋服でも必須のファッションアイテム。
着物にも使えます。

カシミアショールやウールのマフラー、無地は使い勝手がいいですが、チェックやツイード、オリエンタルな柄ものなど、オシャレに着物とコーディネートしてみましょう。

他の防寒対策ができていなくても、首元を温めるだけで、かなり違います。

ファーアイテムを使ったコーデで、流行最先端!

着物にも利用してしまいましょう。

ただし、成人式のような、豪華なファーショールは、レンタル着物にはフォーマルすぎてしまうので、避けましょう。
コートの上に巻くようなファーマフラー、ファーつきのショールで、オシャレにコーデしてみてください。

こちらも首元を温めてくれるので、防寒もバッチリです。

防寒にはロング手袋が便利。使い勝手を考えるなら、指なし手袋も!

着物は手首が出ていて、袖丈が長く風を通すので、手袋をつけると暖かいです。

肘の近くまで長さがあるものだと、さらに防寒対策にうってつけ。
スマホを使ったり、写真を撮ったり、する回数も多くなると思いますので、使い勝手を考えると、指なしバージョンも便利です。

着物に合う手袋は革、レースなど、ウールのカジュアルな手袋もカジュアルな着物には合いますよ。 

羽織コーデで、冬の着物のオシャレにも防寒対策にも一石二鳥!

最後に着物らしい防寒対策をご紹介します。

洋服で言えば、カーディガンの役割になる「羽織」でオシャレに防寒してみましょう。
着物といっしょにレンタルすることも可能です。
また、カーディガンと同じで、屋内で脱がなくてもマナー違反になりません。

「羽織」と「着物」のコーデは、洋服では難しい、柄ON柄コーデでもオシャレです。

インスタ映えもバッチリです。
背もたれのある椅子に腰かけて、帯結びがくずれてしまっても、羽織があるのでごまかせるというメリットまであります。

着物通の間でも、羽織コーデはテッパンです。せっかく冬に着物を着るなら、着物らしく防寒とオシャレに羽織も素敵ですよ。

和洋折衷だってOK!防寒も着物を楽しむきっかけに。

いろいろな防寒対策を紹介させていただきました。

着物を着るために、新たに用意しなくてはいけない防寒対策グッズは特にありません。洋服でいつも使っているものを再利用できてしまいます。

いくつかの防寒対策を組み合わせて、自分好みのコーデを考えてみましょう。

ちなみに、防寒用に洋服とのミックスコーデもありです。

たとえば、袖を気にしなくていいポンチョコートを羽織ったり、草履の代わりにブーツを履いたり、フォーマルシーンではないので、NGなものはありません。

オシャレな冬の着物コーデをぜひ楽しんでください!

着物の防寒対策効果は何がいいのか?

小梅がおすすめする防寒対策一覧表です。特にインナーはしっかりと行なってきてもらうことをお勧めいたします。

対策 効果
 レギンス・トレンカ  ★★★★★
 ヒートテック  ★★★★★
 ショール  ★★★★
 マフラー  ★★
 ファー  ★
 羽織  ★★★

当店のおすすめ防寒アイテム

着物の羽織で寒さ対策&オシャレに

当店は女性用の羽織を10種類ございます。
着物の上に着ていただくと寒さ対策だけでなく、見た目の印象を変えることが出来るのでおすすめです。

羽織 +500円(税別)

ファーやショールで首元を暖かく

首元を暖かくするためにショールやファーもおすすめしています。

ファー、ショール +500円(税別)


ご予約フォーム

《予約に関する注意点》

当日のご予約は電話にて承っています。
03-5830-7573